元旦礼拝

 
「まことの光」
 
1月1日(木)午前9時
 
 
元旦礼拝へのお招き
 
「初めに言があった」とヨハネによる福音書は語り出します。
 
 それは、この世界が単なる偶然によってできたのではないことを告げています。そしてその歴史は弱肉強食の冷徹な自然法則によって導かれているのではないことを教えます。
 この世界と歴史とは、一つの生きた人格の呼びかけと招きとによって始められたこと、その方の思いと決意によって支えられていること、そしてそのお方の愛と慈しみによって導かれていることを聖書は証言しているのです。
 それは、たとえどれほど無秩序に見え、混乱と破壊とによって損なわれているように見える世界でも、そこにはなお意味があることを告げます。そして、苦しみにと悩みとに満ちた私たちの日々の歩みであっても、それはなお生きるに値する生涯であることをあかししているのです。
 新しい年の始まりを、聖書が語る慰めと希望のことばに耳を傾けることから始めていただければと思います。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です