会員マイページ

日本キリスト教会信徒大会(9月22日、23日)

 大阪国際交流センターを舞台に、2015年9月22日、23日、日本キリスト教会信徒大会が開催されました。会場は955名もの出席者が集いました。この信徒大会に豊島北教会からは4名の会員が参加しました。



 第一日目は記念礼拝で始まり、「日本キリスト教会60年の歩み」のDVDの上映、来賓の日本キリスト改革派教会大会議長の小峯明牧師の挨拶の後、函館相生教会久野牧牧師の記念講演「宣教の新たな展開を祈り求めて」に続きました。



 休憩ののち10人前後のグループに分かれ、夕食をともにした分科会。その後、テーマ別懇談会が行われました。8つのテーマでそれぞれが行きたいところに自由に参加する形でした。当教会からは3名がそれぞれ「伝道におけるITの活用」「青年が青年として語り合う」「日本キリスト教会の不振をどのように認識し、どのように打開するのか」の3つの分団協議に別れて参加しました。



 参加者からは盛んに意見が述べられ、日本キリスト教会を盛り上げていこう、という熱意が感じられました。



 第二日目は前日に続いて久野牧先生の記念講演の第二部、交流・讃美の会といったプログラムが持たれました。そして、最後に前大会議長鶴見教会牧師高松牧人先生による閉会礼拝をもって会は終了となりました。

 日本キリスト教会を取り巻く環境には厳しいものがありますが、今回の信徒大会ではそれに対する問題意識を共有できたこと、話し合う機会を授けらました。このような機会が与えられたことに感謝をささげ、今回の報告としたいと思います。