読む礼拝

「アブラムは主を信じた。主はこれを彼の義と認められた。」(創世記15:6)


 創世記15章6節は、パウロの手紙の中に引用されて(ローマ4:3、ガラテヤ3:6)、「信仰義認」の教えの土台となり、ルターによる「福音の再発見」によって、世界を大きく動かしてきた言葉です。信仰とは何かを、この一句を頂点とする創世記15章はあかししています。

 15章は「これらのことの後」と始まります。それは直接には、カナンの王たちの戦いに巻き込まれて捕虜となった甥のロトを奇跡的に取り戻すという出来事の後、その勝利をソドムの王とではなくサレムの王と分かち合い、神様に感謝と讃美を献げた後、アブラハムがこの世の祝福ではなく神様の祝福を選びとった出来事の後ということです。

 けれどもそれは突然に起こったことではありません。「わたしが示す地に行きなさい」との言葉から始まる山あり谷ありのアブラハムの歩み、完全無欠であるどころか、しばしば悩み、疑い、弱さと破れとを露わにしながらの歩みの後に、なおアブラハムと共にあって、守り、支え、導いてくださる神様と共にあることをアブラハムは選びとったのです。

 けれどもアブラハムは神様の言葉を神託のように押し戴くのではありません。アブラハムは神様に異議を申し立て、論争を挑みます。神様が「義と認められる」信仰とは、「言挙げしない」大人のスマートな模範解答ではなく、「なぜ」「どうして」をどこまでも神様にぶつけていく、子どものような率直で泥臭い信仰なのです。

 そのとき「主は彼を外に連れ出し」て言われます。神様は、アブラハムが信仰だと思っているもの、神様だと思っているものの「外」に導き出してくださるのです。あなたの信じている神様は小さすぎる、信仰だと思っているものは浅すぎる、生きている人生は低すぎる、考えている世界は狭すぎる、あなたはもっと大きく、もっと高く、もっと広く、もっと深い生き方へと招かれていると神様は教えてくださるのです。

 アブラハムは、自分の物指しで神様とそのわざを計ることをやめて、神様の物指しによって自分の信仰と人生とを計ろうとするのです。この転回、神様への向き直り、神様に向かって「アーメン」と言うことこそが信仰なのです。そしてその時に初めて、わたしたちは自分の思いのままにならない人生、自分の理想どおりではない自分自身に「しかり」を言うことができ、平安と朗らかさと勇気と希望とをもって生きることができるのです。(2018年6月10日の礼拝説教から)


「そこで、イエスはパンを取り、感謝してから、すわっている人々に分け与え、また、さかなをも同様にして、彼らの望むだけ分け与えられた。」(ヨハネによる福音書6:11)


 イエス・キリストは「どこからパンを買ってきて、この人々に食べさせようか」と言われます。「人はパンだけで生きるものではない」と言われたイエス様は、人がパンなしに生きることができないことを知っておられます。イエス様は、「私たちの日ごとの食物」についても配慮してくださいます。イエス様は、私たちの魂も心も体も、私たちのすべてを救って下さる方なのです。

 そして、イエス様はその食物への配慮を、弟子たちの奉仕を通して行おうとされます。それは、私たちが神様に求めるべき「日ごとの食物」とは、「わたし」の食物ではなく「わたしたち」の食物だからです。

 けれども、私たちが、自分たちの食物だけではなく、隣人の食物のことを考え始めるとき、「二百デナリのパンがあっても、めいめいが少しずついただくにも足りますまい」という現実に直面せざるをえません。課題はあまりに大きく、私たちの力はあまりに乏しいのです。私たちは問題に手をつける前に「たとえ……でも」とあきらめてしまいます。

 こうした常識的な、大人の判断とあきらめを突き破るのは、「大麦のパン五つと、さかな二ひきとを持っている子ども」です。「たとえ……でも」という理屈ではなく、「それが何になりましょう」との計算でもなく、「ここに……あります」「ここに……います」という、小さくても確かに神様から与えられている恵みが私たちの奉仕の出発点です。

 イエス様は「人々をすわらせなさい」と言われます。ヨハネは「その場所には草が多かった」と記します。イエス様は、私たちはすでに「悪い者の上にも良い者の上にも、太陽をのぼらせ、正しい者にも正しくない者にも、雨を降らして下さる」(マタイ5:45)神様の祝福のうちに置かれていることを思い起こさせてくださいます。そして「パンを取り、感謝してから、すわっている人々に分け与え、また、さかなをも同様にして、彼らの望むだけ分け与えられ」ます。

 私たちの手の中にあるときには貧しく見え、わたしたちの目にはわずかと見えるものであっても、それがひとたび主にささげられるならば、主の祝福を受け、分かち合われるならば、それは私たちの思いをはるかに越えて豊かに用いられるのです。神の国のしるしはここにあります。(2018年6月3日の礼拝説教から)


また彼らに言われた、『安息日は人のためにあるもので、人が安息日のためにあるのではない。』」(マルコによる福音書3:27)


 パリサイ人たちは、人の畑の麦を食べたことをとがめたのではありません。たとえ人の畑であっても穂をつんで食べることは律法によって認められていました(申命記23:25)。彼らが問題にしたのは、「穂をつみ、手でも」んだことでした。それは刈り取りと脱穀にあたり、安息日に禁じられている労働だというのです。

 イエス様は、ダビデの例を挙げられます。サウル王に追われ、神の宮に救いを求めたダビデに、祭司アヒメレクは「祭司たちのほか誰も食べてはならぬ供えのパン」を与えました(サムエル記上21:1-6)。聖なるもの、神様のものであるパンを、律法に背いてでも飢えた者にお与え下さる神様が、どうしてそれを安息日だからという理由で禁じられることがあろうかをイエス様は言われるのです。

 そもそも、安息日は「安息日を覚えて、これを聖とせよ。六日のあいだ働いてあなたのすべてのわざをせよ。七日目はあなたの神、主の安息であるから、なんのわざをもしてはならない」(出エジプト記20:8-10)との規定から生まれました。そこで真っ先に求められているのは「聖」とすること、つまり、神様のものにするということです。神様が喜ばれるようにこの日を用いるということなのです。そして、神様はこの日を「祝福して聖とされ」ました。この日は、神様が世界を祝福してくださる日なのです。この日に私たちがすべきことは、この神様の祝福にあずかることです。神様がこの世界を創ってくださったこと、そして今もこの世界と私とを守り、養い、支え、導いてくださっていることを喜び感謝することなのです。だからこそ私たちは、この日には自分のために働くことをやめて、神様が私たちのために働いてくださっていることを思い起こすのです。私たちが神様の腕に抱かれた幼子であり、すべてを神様にお任せしてよいことを再確認するのが安息日なのです。

 だからこそ、この安息日に肩を怒らせ額にしわを寄せて、何をして良いか悪いのかを論じるのはふさわしくないのです。まして収穫の喜びに水を差し、いやしのわざを妨げることは間違いなのです。そのとき、私たちはまたしても「しない」という「人間のわざ」に頼って生きようとしているからです。

 イエス様はそんな私たちの思い違いを正し、「善を行い、命を救う」神の言葉を回復し、この神様に全てを委ねて生きる神の子の平安と喜びを取り戻してくださったのです。このいのちの言葉に生きたいのです。(2018年5月27日の礼拝説教から)